イスラエル専門商社・ジェイ・シー・イー・オーバーシーズ
ゴールドテスター

ゴールドテスター 24金用
型番 : GXL-24PRO
性能 : 6金〜24金までの測定が可能です。
定価 : 240,000 円(税込)

ご注文は、こちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓
※弊社注文カートへ移動します。
正確・簡単・スピーディ! 金製品の純金度を、わずか数秒で測定・表示!
細密な純金度の測定は、プロといえどもなかなか難しいものです。
でも、先進のマイクロプロセッサーを内臓した「ゴールドテスター GXL-24PRO」・「ゴールドテスター G-XL-18」 なら、わずか5秒でO.K.。
6〜24金までの純金度を即座に測定し、カラットと1000分率でデジタル表示します。
ゴールドテスターの測定原理は、金のもつ運動エネルギーを電気化学的に変換し、内臓のマイクロプロセッサーで演算され、金の純度をデジタル表示します。
これは、純金度測定器として、最先端の技術であります。
ゴールドテスターは、TRI社(アメリカ合衆国)にて商標を登録し、米国特許(US. PATENT NO. 4,799,999)を取得しております。
製品仕様
1. ゴールドテスター本体
 サイズ 18.4(縦)x8.6(横)x2.8(高さ)センチメートル
 重さ 165 グラム
 電源 アルカリ乾電池 (9V) 006pタイプ x 2個
又は、DCパック (AC100V)
2. センサー
 サイズ 2.2(直径)x15.9(長さ)センチメートル
 重さ 32 グラム
3. アクセサリー
  ・測定用プレート
・接続コード
・測定用液体(ジェル)
・ クリーニングペン 
・クリーニングピンやすり
・シリコンウエス
4. 総重量
  1,250グラム(キャリングケース含む)
5. 備考
※24金用と18金用での重さの違いはありません。
※測定用液体は24金用と18金用とでは違いますので、 御使用の際には御注意下さい。
※この測定器で測定した値については、保証致しません。
※製品の価格:24金用:24万円
純金度換算表
こちらでは、純金度の換算規格の一覧表と、本ゴールドテスターにおける純金度表示の一覧をご紹介いたします。
1.純金度換算規格表
 
アメリカ規格
(カラット表示)
ヨーロッパ規格
(1000分率)
金含有率
6K 250 25.0%
7K 291 29.1%
8K 333 33.3%
9K 375 37.5%
10K 417 41.7%
11K 458 45.8%
12K 500 50.0%
13K 541 54.1%
14K 583 58.3%
15K 625 62.5%
16K 666 66.6%
17K 708 70.8%
18K 750 75.0%
19K 792 79.2%
20K 833 83.3%
21K 875 87.5%
22K 917 91.7%
23K 958 95.8%
24K 999 99.9%



2.ゴールドテスター純金度表示一覧



3.金・合金について
金、合金の品位は、アメリカ規格ではカラット(KARATS.K)、ヨーロッパ規格ではパミール(千分率、0/00)で表示します。
日本では一般的にカラット表示ですットとは金合金重量24中に含まれる純金の割合を示す単位です。

例えば、18Kと呼ばれるものは、金の含有量が"18/24"であることを表しています。
またこれをヨーロッパ規格のパミールで表すと、18/24=0.750 となり、750となります。
が、カラ
金貨は通常、21.6K (900. 金90%、銅10%) の金銅の合金が用いられています。
歯科用には20-22K (金83.3-91.7%)、装飾用は18K (金75%)、14K (金58.3%)、8K (金33.3%) 等が使われています。

金には混ぜ合わせる他の金属の種類により次のように色分けされます。

  Yellow Gold (黄色金)
  White Gold (白色金)
  Green Gold (緑色金)
  Pink (Red) Gold (ピンクゴールド)

代表的な成分は次のようになります。(おのおの14Kの場合です。)
  亜鉛 ニッケル 合計
Yellow Gold (黄) 58.3 12.5 25.0 4.2 - 100
White Gold (白) 58.3 - 6.2 1.2 34.3 100
Green Gold (緑) 58.3 35.0 6.3 0.4 - 100
Pink (Red) Gold (赤) 58.3 2.0 37.5 2.2 - 100


ゴールドテスターの使い方

1.使用前の準備

     
       
1)部品の確認      
 (1)デジタル表示ユニット 1台 (2)センサー 1本
 (3)ペーストチューブ 1本 (4)ケーブルセット 1組
 (5)イレーサー(消しゴム) 1本 (6)ヤスリ 1本
 (7)センサーノズルクリーナー 1本 (8)洗浄液(小ボトル) 1本
 (9)取扱説明書 1部 (10)保証書 1部
 (11)キャリングケース 1個    

       

2)接続のしかた (下の「見取り図拡大」をクリックして、図を見ながら確認してください。)

 (1)デジタル表示ユニット@のセンサージャック (1-4) にケーブルセットのプラグ (3-1) を差し込みます。
 (2)テスト台Cのわに口ジャック (4-2)に、赤色ケーブル (3-2)を差し込み、センサーAのジャック (2-6) に黒色ケーブ   ルを差し込みます。

3)ペーストチューブの入れ方 (交換方法)

1.使用方法

(1)デジタル表示ユニット@、センサーA、テスト台CをそれぞれケーブルセットBで接続します。
  ( * 使用前の準備 2)接続のしかた参照)
(2)テスト台のわに口クリップ (4-1) に測定したい金製品をはさみます。
(3)金製品の測定面を付属のイレーサーまたはクリーニングクロスで酸化膜や汚れ等をきれいに取り除きます。
(4)ペーストチューブDをセットしたセンサーAのノズル (2-2) を下にし、垂直に持ってロータリーキャップ (2-5) を矢印の方向に回し、ノズルの先端にペーストが一滴出たところでティッシュでふき取り、もう一度ロータリーキャップをまわして一滴かかったところで再度ティッシュで軽くふき取ります。(右1図参照)
*使用前の準備 3)ペーストチューブのいれ方(交換方法)参照(本ページ上段)

(5)デジタル表示ユニットの電源スイッチ (1-6) を"ON"にします。「CLEAN SENSOR TIP」がスクロールします。

(6)センサーをテスト台の金製品の測定面に垂直に当てます。(右2図参照)
(7)そのままデジタル表示ユニットのカラーセレクトボタン"Y"(1-3) を押します。
  * 白色金は"W"、緑色金は"G"、赤色金は"R"のボタンを押します。
(8)4〜5秒後に純金度が表示されます。(24金表示 ⇒ "24KY 999"
(9)そのまま同じ物を測定する、もしくは別のものを測定する場合は、前述の(2)〜(4)、(6)〜(8)の順に操作を繰り返します。
(10)測定が終了したなら、金製品の測定面はペーストによる酸化膜(黒い汚れ)ができやすいので、付属のイレーサーできれいに磨きます。
(11)電源を "OFF" にします。
(12)ペーストチューブを取り出してチューブキャップでふたをしておきます。使用後は低温低湿な場所に保管しておいき、再度ご利用の際にチューブにセットしてご利用ください。ペーストチューブをセットしたまま長期間放置しておきますと、気化してしまいます。
(13)センサーノズルに付着しているペーストを、ティシュ等やわらかいものできれいにふき取り、センサーキャップを必ずかぶせておきます。
(14)各々の器具をキャリングケースの所定の位置に収めます。
 
( 注意 : 金メッキについて )

厚い金メッキをしたと思われる物を測定するときは、測定面に付属のやすりで少し傷をつけ、ペーストが中に浸透するようにした方がより正確に測定できます。但し、金製品に傷をつけられない場合は、同じ測定ポイントに何度か(3)、(4)、(6)、(7)、(8)の操作を繰り返しますと、表示値が低くなっていくか又は表示値のバラツキが多くなりますので、メッキか否かある程度判断できます。



ゴールドテスターのお手入れについて
ゴールドテスターを、いつも最高の状態でご利用していただくために、使用後や日々のお手入れについてご案内いたします。

1.手入れの方法

(1)使用後は必ずセンサーノズルを柔らかいティシュペーパーなどでふき取ってください。その後、必ずセンサーキャップをしてください。

(2)付着したペーストを取り除くため、センサーノズルを蒸留水で洗い、よく乾燥させることをおすすめいたします。

(3)ペーストの固化により、センサーノズルが目詰まりした場合は、センサーノズルクリーナーで掃除し、アルコールでセンサーの先端を三分の一、10分間くらい浸し蒸留水で洗い流し、乾燥させてください。

(4)わに口クリップに付着したペーストは、必ずふき取ってください。

(5)長時間使用しない場合は、デジタル表示ユニットの電池を外しておいてください。また、ペーストチューブも取り外し、冷蔵庫に保管することをおすすめいたします。


2.電池の交換

デジタル表示ユニットのインジケーターランプが点灯したら、電池の交換時期です。
9ボルトの新しい乾電池(006Pならアルカリとマンガンのどちらでもよい)を2個お取替えください。


3.ペーストチューブの保管について

ペーストチューブは、15℃の場所に保管してください。夏季など高温になる場合は、冷蔵庫に保管することをおすすめします。
常温での有効期限は、1年間です。

ただし、冷凍庫には絶対に入れないでください。冷凍されたものは使用できません。また、長時間ペーストを放置すると科学変化により、正確に測定ができなくなりますので十分ご注意ください。


4.故障かな?と思う前に

故障と思われる場合、修理依頼する前に、もう一度次のことをチェックしてください。

故障と思われる現象 チェック内容

・連続で 「NOT GOLD」 を表示

・ディスプレイになにも表示されない

・ペーストが出ない

測定面の汚れをきれいにとる
接続ケーブルの確認
わに口クリップにペーストが付着していないか
電源スイッチの確認
電池の確認
ペーストが空になっていないか
センサーノズルが詰まっている

*チェック内容を確認後、正規使用方法どおりに操作しても測定できない場合は、お買い求めの販売店または代理店にご相談ください。

5.お願い

●金メッキ製品またはステンレス・白銅(アルミ)など、一部の製品では6〜18Kの金性数値を表示する場合もありますので、ご注意ください。

●本製品に起因するご利用者とそのお客様のトラブルについて、当社では一切関知いたしませんので、ご了解下さい。

●ゴールドテスターに関するお問い合わせや故障、補充用のペーストのお求め等は、下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

お問い合わせ先:
潟Wェイ・シー・イー・オーバーシーズ
電話 : 042-577-0521
メール : goldtester@jce-overseas.co.jp

株式会社 ジェイ・シー・イー・オーバーシーズ

〒186-0011 東京都国立市谷保6046-2   Tel : 042-577-0521  Fax : 042-577-0549

Mail : sales@jce-overseas.co.jp    URL : http://www.jce-overseas.co.jp/     Copyright (C)2010 JCE OVERSEAS CO.,LTD. All Rights Reserved