フィルターバッグについて

プール清掃ロボット・ドルフィンを末永くお使いいただくためには、日々のメンテナンスが欠かせません。 特に、フィルターバッグを清潔に保つことは、ドルフィンのプール清掃能力を維持する上で、大変重要です。 必ず、ご使用のたびごとに、毎回水洗いを行ってください。 次回ご使用のために、しっかりと乾かせてください。 本編で紹介するフィルターバッグに対応している機種は、
ドルフィン3001 / ドルフィンエースα
でございます。

「ドルフィン3001」
「ドルフィンエースα」

フィルターバッグの正しい装着方法

ドルフィンをご使用のたびごとに、フィルターバッグを洗浄していただきますが、その際のフィルターバッグの正しい装着方法をご確認ください。

1.よく乾かしたフィルターを底蓋本体(右図)に装着させます。 *注意
フィルターバッグには、表と裏があります。角の縫いしろのある方が裏面ですので、内側にしてかぶせてください。

2.フィルターをかぶせたら、底蓋にしっかり密着させてください。その際、右図のようにフィルターの下部にタグがありますので、それを真ん中の目安にしてください。 さらに、左右に膨らんだ部分は、中央によせてください。

3. ふくらみを中央に寄せると、それらをクリップで固定します。
(右上図)


クリップ止めの後、ふくらみのシワが不均等な場合には、左右に案分してください。(右下図)


しっかりとフィルター下部の内ゴムが底蓋に密着しているかどうか、お確かめください。


4. クリップを両側とも固定し、フィルター下部のタグの位置が中央にセットされていれば、完了です。

尚、ドルフィンを室外のプールにて落ち葉などのゴミ取りなどにご利用される場合は、粗目のフィルターバッグをお使いください。